経営者のための労働法弁護士 社会保険労務士の先生方へ
弁護士プロフィール セミナー・講演等 事務所所在地 対応地域 お問い合わせ
経営者のための労働法弁護士トップページ
労働法の基礎知識
労働法の発展問題
労働審判とは
5つの安心
弁護士費用
依頼例


労働法の基礎知識 経営者のための労働法弁護士

メンタルヘルス

基礎知識

  • 長時間労働等が原因で精神疾患となる従業員が激増しています。業務が原因で精神疾患となった場合には労災の問題ともなります。
  • 精神疾患に罹患している従業員、その疑いがある従業員が存在する場合、企業がその対応を誤ると自殺等深刻な事態に発展することもあり、その場合は上司や企業が巨額の損害賠償請求を受けるリスクがあります。当該従業員に対する対応方法については、医学的・法的に慎重な検討が必要です。
  • その他、精神疾患の場合、治癒したのか否かが分かりにくい、復職してもすぐに調子が悪くなる等の特徴があり、企業として対応に苦慮する場合が多いのが実情です。
  • 最近は、セクハラやパワハラで精神疾患になったというトラブルも多発しています。

よくあるトラブル

  • 精神疾患で休職を繰り返す従業員がいる
  • 精神疾患で休職中の従業員が「軽作業なら可」という診断書をもって復職を要求してきたが、当社には軽作業がないとして復職を拒否し、その後休職期間満了で退職としたが、それが無効だとして訴訟を提起された
  • セクハラの被害を受けて精神疾患となり退職を余儀なくされたとして、2年分の年収を賠償金として払えと要求されている
  • 上司のパワーハラスメントを受けて精神疾患となり退職を余儀なくされたとして、2年分の年収を賠償金として払えと要求されている

INDEXに戻る


[ページ先頭へ ↑]


Copyright © 経営者のための労働法弁護士 当サイト内の文章・画像の無断転載を禁じます。