経営者のための労働法弁護士 社会保険労務士の先生方へ
弁護士プロフィール セミナー・講演等 事務所所在地 対応地域 お問い合わせ
経営者のための労働法弁護士トップページ
労働法の基礎知識
労働法の発展問題
労働審判とは
5つの安心
弁護士費用
依頼例


労働法の基礎知識 経営者のための労働法弁護士

採用

基礎知識

  • 内定取り消しや試用期間満了に伴う本採用拒否は簡単に出来ると考えている企業が多いですが、現実には解雇に準じた相当の理由が必要です。特に別の就職口を捜すのが困難な不況時には訴訟等深刻なトラブルに発展する可能性もあり、訴訟となるリスクも考慮した入念な法的検討と証拠固めが必要です。
  • 近時は中途採用者に関するトラブル(ミスマッチ・営業秘密の漏えい等)も増えています。

よくあるトラブル

  • 内定者研修に参加しない者がいるので内定を取り消したところ、その無効を求める訴訟を提起された
  • 即戦力を期待して経験者を中途採用した。しかし期待したほどの能力がなかったので解雇したところ、解雇無効だとして訴訟を提起された
  • 製造技術者を他社から引き抜いて中途採用したが、製造ノウハウの不正使用があるとして、その者の前職の会社がわが社を訴えてきた

INDEXに戻る


[ページ先頭へ ↑]


Copyright © 経営者のための労働法弁護士 当サイト内の文章・画像の無断転載を禁じます。